美容整形のメリットデメリット!

少しずつ変わってきた、美容整形に対する風潮

昔はマイナスなイメージが強く、なんとなく敷居も高かった美容整形。ですが近年は「プチ整形」という言葉も浸透し、低料金で簡単に手術を受けられるようになったことから、美容整形を受ける人も増えています。昔ほどのマイナスなイメージがないからか、芸能人でも美容整形をしたことをカミウングアウトしたり、「整形して前向きになれるのはいいこと」というプラスの風潮もあったりします。まさに今、美容整形を考えている人もいるのではないでしょうか。美容整形のなかで、最も人気のある部位は「目」。もともと二重なのに、美容整形でさらに大きな二重にする人も珍しくありません。
そこで目の美容整形に関する、メリットとデメリットをご紹介します。

埋没法と切開法、それぞれのメリットデメリットは?

目の美容整形は、大きく2つの手術法に分けられます。1つ目は、プチ整形と言われている埋没法。2つ目は切開法です。埋没法のメリットとしては、やはり気軽に手術を受けられるということ。まぶたに糸を留めるだけで手術は完了なので、手術時間も少なく、腫れも長くとも1週間もすればほぼなくなります。また、仕上がりが気に入らない場合は、糸を除去し元に戻せるのも、大きなメリットと言えます。デメリットは、埋没法は永久的なものではなく、寿命があるということ。個人差は大きいものの、5年以内には糸が取れてしまうケースも多いようです。続いては切開法。切開法のメリットは、埋没法のように糸が取れる心配がなく、永久的な二重を手に入れられるということ。ですがリスクが大きいというのがデメリットです。まぶたにメスを入れるので当然出血も伴いますし、術後の腫れは1ヶ月以上続いたりします。そして、仕上がりが気に入らなくても、元に戻すことはできません。
このように、美容整形にはメリットだけでなく、デメリットもあります。後悔しないためにも、そのことをしっかりと理解する必要があります。

脂肪吸引治療は短時間で余計な脂肪を除去できるのが利点ですが、体への負担が大きい問題があります。処置の方法を明確に提示し、リスクの説明を正しく行う医療機関を選ぶことが安全に体重を減らすための心得です。