美容整形後の注意点は?

美容整形は、術後も気が抜けない!

近年、増加傾向にある美容整形。昔よりも美容整形は身近なものになっているといってもよいでしょう。一言で美容整形といっても、二重にしたり鼻を高くしたり…というメジャーなものから、唇の形を変えたりあごの骨を削り輪郭を変えたりといった大がかりなものまで、いろいろなものがあります。 ですが美容整形は、手術をして終わり、ではありません。手術が無事終わり、自宅に戻ってからのケアもとても重要なのです。ほとんどの手術で針やメスを使うため、術後は手術した箇所が非常にデリケートになっており、間違ったケアや行動をしてしまうと、最悪の場合化膿してしまうこともあるのです。そうならないためにも、美容整形を考えている方は術後の注意点をしっかりと知っておく必要があります。

どんなことに注意するべき?

注意点は、どこを手術したかによっても変わってきます。 まず、二重にするなどの目の手術をした場合、細菌感染を防ぐためにも、手術をした日は洗顔は避けるべきです。傷口が塞がっていないうちからメイクをするのも、傷口にアイシャドウの粒子などが入ると化膿の原因になったりするので、完全に落ち着くまで待ったほうが無難です。次に鼻を手術した場合、術後数週間は鼻をかんだり、鼻に刺激をあたえることは避けたほうがよいでしょう。輪郭を変えるようなあごの手術をした場合は、しばらく固いものを食べるのは避け、やわらかいものを食べるよう心がけてください。そして出された薬はきちんと飲むことも大切です。どの手術でも、痛み止めや化膿止めの抗生物質が出されると思いますが、自己判断で服用を中断するのも厳禁です。出されたお薬は、最後まできちんと飲みましょう。

美容外科の治療法を上手く選ぶために、無料相談のサービスが用意されている大手のクリニックの長所を理解することが大事です。